Home > Archives > 2010-04

2010-04

4月12日のいぐさの田んぼ、雑感。

22年4月中旬 03922年4月中旬 037

平成22年4月12日現在のいぐさ田んぼの様子です。

この田んぼは、添島勲商店の提携農家で、エコファーマー、田中嘉徳さんのものです。今はこんなに小さい状態ですが、土の中ではしっかりと根を張ろうと藺草たちがもがいています。桜の花も終わり日々暖かくなっていき、そのうちいぐさの準備が整います。農業の用語では栄養茎から生殖茎への転換と言います。このテクニックがあるからこそ、国産のいぐさは中国のものと比較すると5倍も強靱なのです。強靱ないぐさは農家の鍛え抜かれた技によって育まれるのです。

そしてその後は、肥料と水の管理が始まります。私達の筑後地域は土壌が粘土質を主成分としています。数千万年前九州が二つに分かれており、その海峡に突如として阿蘇山が噴火によって生成した歴史と関連して、筑後地域の土壌と流れる水は阿蘇の火山灰に由来する粘土を含んでいるのです。

だから水管理では、土壌にしみこませて排水するパターンは使えません。地下排水は、もう一つのいぐさの産地熊本県は八代で行われるテクニックです。私達の筑後では田んぼの土に溝を作り、表面から排水を行います。上の写真ではよく見えませんが、いぐさの列の横に小さな溝を掘るのです。

何はともあれ、様々な技術を駆使しながら国産のいぐさはこれから成長を始めます。

閑話休題。

22年4月中旬 040いぐさのと隣には、別の方が麦を栽培しておられます。もう穂が出始めています。しばらくすると、この麦は成熟してきます。この時期を麦秋と言います。この麦秋の時期にはしゃっぱ(シャコの方言)がおいしくなります。

このように恵まれた季節と風土によって、いぐさの製品はできあがっていくのです。感謝しつつ、工場の方では今年の花ござの出荷がいよいよ始まってきています。お客様の前に、今年の花ござが出そろいます。

大川春の木工祭り!大成功!

昨年の秋、大川木工祭りは大変な盛況でした。

そこで、不景気をぼやいているばかりではなく、しっかり頑張ってみようと大川が盛り上がり、秋の木工祭りを行うことになりました。添島勲商店もその中に初出店。大川伝統工芸品振興会としてですが、いぐさ製品の販売を行いました。

本当にたくさんの方々にご来店いただき、衷心より感謝申し上げます。安いB級品が売れるのかと思ったら、掛川など良いものがたくさん売れました。添島勲商店はメーカーなので、お値打ちに出荷できましたからお客様にも本当に喜んでいただいたようです。

来年もこの春の木工祭りは続くでしょうし、秋の木工祭りとの相乗効果も期待できいよいよ大川がホットに盛り上がります。

DSCF2736

木工大川のマスコットキャラクター

モッカ君

社長のつぶやき(2010-04-03)

  • [18:15] いま、SAJICAの会議です。長い間かかったのですがようやくブランドとして売れ始めています。家具を本当にブランドとして立ち上げるのは思ったより大変です。しかしここに来て補助金は無くなりました。でも頑張ろう。 #

社長のつぶやき(2010-04-02)

  • [18:09] 昨年大きな成果があったエトワール三越での展示会ですが、期待もさらに膨らんで参加者は、気合い十分。ところが此処にも事業仕分けの暗い陰が覆い被さっていました。何しろ素人が予算をバッサリと切り捨てるTVショーが事業仕分けの実態だったのです。 #

Home > Archives > 2010-04

Calendar
« 2010 年 4月 »
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新のコメント
最新のトラックバック
過去ログ

↑