Home > Archives > 2009-07

2009-07

UK(英国)のデザイナーとともに

CIMG0800昨年9月中旬にロンドンで100%デザインという展示会が開催されました。

http://www.jetro.go.jp/j-messe/w-info/re080901.html

そのときに、当社の商品を出展しましたが、これが世界で初めて、ヨーロッパのデザイナーが考えたいぐさ製品というものでした。大好評で終わりましたが、今その商品の販売を準備しているところです。

このたび、日経BP社の日経デザインでデザインUK09セミナーの記事としてそのときのことが関連して取り上げていただけそうなので準備をしています。

いぐさという純日本的な素材をUKのアンディー・デイビーさんというデザイナーが考えてくれたもので、今発売を準備しているのはERISという装飾、吸音板などの機能を持つ壁掛けと、TATAMATAというエキソサイズマット兼日本風カウチというか座というか、そんな商品です。

8月24日発売の日経デザイン9月号をご覧下さい。

CIMG0818

新しいホームページ作成へ

今みんなの知恵を出し合って新しいホームページ作成へ頑張っています。会社紹介主体の構成から販売を前面に出したホームページへと大きく変更しようとしています。物作りも考え方を変えてインターネットを利用しながらより多くの人に情報を伝えながら販売する仕組みを併せ持った上で考えて行かなければならなくなったと船井総研始め多くのコンサルタントが言っています。これからが工夫のしどころでしょうか。

大川商工会議所の新事業

本日、7月29日に大川商工会議所の新事業が始まり、初の委員会が開催されました。「小規模事業者新事業前項展開支援事業」という名前だそうです。お役所が考えそうな名前です。またその略称が、「地域資源∞全国展開プロジェクト」だそうで、これでも十分に長いですね。

大川では、この事業で「食と木のコラボレーション事業」をします。大川が持っている木を加工して製品にする力と、地元の素材を使った食の開発を同時にやろうというわけです。これからどうなるか分かりませんが、招聘した専門家が結構すばらしい。アートディレクター、デザイナーに先崎哲進(せんざきたかゆき)さん。料理家では井口和泉(いぐちいずみ)さん。どちらも若くて新しい風を大川に吹き込んでくれそう。

大川が良くなること。我が社の製品がもっと多くの方々に使っていただけるようになること。何とかしたいと思いますよ、本当に。

この新プロジェクトが当社の事業に関連が出てくるのかなあ。

秋田医院で診察

中小企業経営者は何らかの病を持っているものだとおもいます。自分の健
康や命と引き換えに自分の夢を、あるいは社員さんの夢を実現させようと
思っているのではないでしょうか。
そんな事で、今掛かりつけの秋田医院に来ています。
最近建て変わった綺麗な病院です。

iPhoneから送信

ブログ演習中

ようやくブログが作れそう。でもまだ演習中。
いぐさを栽培し、私達の企画に沿ってこの素敵な花ござたちを製作してくれている農家の、デザイナー達の、何より早朝より遅くまで頑張ってくれている社員さん達の想いを一人でも多くの人に伝えたい。だから頑張ってブログの作り方を習っています。

Page 1 of 212

Home > Archives > 2009-07

Calendar
« 2009 年 7月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新のコメント
最新のトラックバック
過去ログ

↑